top of page

もうすでにいっぱいいっぱい

今、世間を騒がせているコロナウイルス。

テレビをつけると、医療従事者へ向けての感謝の言葉が聞かれたり

電車の中でも

“医療従事者の方々への感謝を申し上げます”とのアナウンス


現場で働かれている方はどうお感じでしょうか??





コロナ患者を受け入れている病院に勤務しているころ

私は少しうれしい気持ちと同時にざわざわした気持ちになりました



なぜなら大変ではあったけれど

いつもとやっていることは大きく変わっていないこと

感染対策の上で、そこに患者さんがいれば手を差し伸べるのが医療だとわかっていたから



病院で他のスタッフさんと話しているとき

そうはいってくれるけど


・いつもやっていることは一緒だけどね~

・今、称賛されてもなんだか変な気持ちになるね~

・称賛してくれるら感染者増やさないで~

・みんなちゃんと行動に注意してほしいよね…など


多くの言葉は、今治療が必要な患者さんがかからないようにすることだったり

コロナが原因で手術できない方や治療できない方が

今まで通りに治療が受けらる環境に戻ること

そして、家族と面会できない患者さんが安心して家族の顔が見られること


現場の看護師はそれを望んでいるんですよね



本当に心からの慈愛の精神と人を大切にする姿勢に

なんてすばらしい人たちなんだと思えた経験があります



看護師だけでなく医療従事者の方々や、たくさんの関係者の方々も同様のお気持ちで

日々業務にあたっておられるとおもいます



当時の私はなかなかそんな風に思えなかった部分がありますが、

今はこう思います


本当に誰でもできる仕事ではないんだと

自分にしかできないことを遂行しているんだと。

確信して、強く自分自身を称賛していただきたいです




数か月前より現状は大きく変化し

それどころじゃなく、今起こっている状況に対して一生懸命に対応されているところかと思います



そんなときこそ、自分自身を大切にできるような

自分とのかかわりを大切にしていただきたいと思います



誰かに頼りたいときは

たよっていんです

なぜならいつも頑張っているあなただからです。



いつでもご相談お待ちしております。

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page